防災グッズ

いろいろな防災グッズをご紹介

防災グッズ・非常袋/リュック 防災グッズ 非常袋/バックパック 防災グッズ・防寒下着 防寒グッズ・サバイバルシート
防水のザックがあればなお良し。これはノーマルなザック。30?で4000円から8000円程度のものでOK 必要な人数に合わせてザックの大きさを決めてください。 ドライの下着は体温を逃がさずに水分だけを外にだす、スグレモノ。2000円から6000円ぐらい。 縦横10㎝ほどのコンパクトで軽量、必ず人数分は欲しいところ。500円から1000円程度
防災グッズ ホイッスル 防災グッズ 方位磁針/コンパス 防災グッズ スイスアーミーナイフ 防災グッズ シルバーキャンプマット
瓦礫に挟まれたり、体が動けない時にホイッスルは役に立ちます。映画タイタニックの最後のシーンでも使ってますね。 基本的に地図と方位磁石さえあればどこへでも行けます。100円から3000円ぐらい。 すごく便利です。こういった小物で便利なものは是非とも揃えてください。1500円から18000円ぐらい。 夏はともかく、冬など寒いときに地べたに寝るのは結構つらいです。クッションにもなるし、日常でも使えるので是非。1000円から10000円ぐらい。
防災グッズ キャンプマット 防災グッズ キャンプマット 防災グッズ シュラフ/寝袋 防災グッズ シュラフ/寝袋
これもマットですが、軽量で丈夫で快適なやつです。5000円から8000円ぐらい これは空気を入れるタイプのものです。少し高価になりますが、空気を抜いたときは非常にコンパクトになり、持ち運びは便利です。ただ、マットに穴が開くとダメです。10000円~ぐらい。 寝袋があれば、どこでも寝れる!安いものでも無いよりは全然良いですよ。 寝袋はできれば丸洗いが出来るものが良いかと思います。ダウンのは軽くて暖かいですが、高価で水にぬれると使えません。
防災グッズ 調理器具 防災グッズ 食器 防災グッズ 飯盒 防災グッズ ヘッドライト
家にある鍋でも大丈夫です。このシリーズはご飯を炊く専用の鍋がついていて便利です。6000円ぐらい。 これも家にあるもので大丈夫。もし買うなら割れないプラスチック製が良いですね。 言わずと知れた、飯盒です。タフなものなので使い勝手は悪くありません。1000円~ぐらい。 ライトは必需品です。明かりがあるだけで作業効率は飛躍的に上がります。1000円~ぐらい。
防災グッズ ヘッドライト 防災グッズ 水筒 防災グッズ ウォータージャグ 防災グッズ LEDランタン
ライトは手に持つものでも構いませんが、ヘッドライトの方が断然便利です。なるべく装備は両手が使えるものにしましょう。 これは水が入っていない時は折りたためます。ビニールの匂いがうつらない素材で出来ています。1000円~。 これはコンパクトにたためて便利です。百均でも売っているので是非常備して下さい。 これは4つのミニLEDのライトが付いています。最近売れているみたいですね。
防災グッズ ガスバーナー 防災グッズ テント 防災グッズ サバイバルナイフ 防災グッズ レインジャケット
こいつはスグレモノです。ガソリンでも灯油でもホワイトでもなんでも火が付きます。上級者向け。12000円ぐらいでしょうか。 テントは安いものでも構わないので一つあれば重宝します。東日本大震災の時、避難所の体育館が暖房がきかないという話を聞きました。テントや寝袋が設備してあればかなり快適になったと思います。 何かと重宝します。コンパクトで値段も選べます。是非1つは常備して下さい。ペンチが付いているものは心強いです。5000円~。 普段使っているもので大丈夫です。もし予算的に余裕があるならばゴアテックスの物が良いでしょう。
防災グッズ トレッキングシューズ 防災グッズ 防寒ソックス 防災グッズ 防寒ソックス 防災グッズ 防寒ソックス
普段使っているもので構いません。もし新しく購入するなら踝などが保護できるハイカットのものが良いでしょう。10,000円~ 登山用の靴下です。冬は普通に冷え性の方にも使えますので、一度試してみて下さい。 これも登山用の靴下です。1,000円~ 靴下
防災グッズ 非常袋 防災グッズ 非常袋/バックパック 防災グッズ 子守帯/ベビーキャリア
これはたたむと非常に小さくなります。縦横5センチぐらいでしょうか。何かと重宝します。500円~ ザックです ハードな使用に耐えるベビーキャリーです。赤ん坊がいる家族にはあると便利です。背負子でも良いと思います。